検索
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
<   2004年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧
7月を振り返る
7月を振り返ってみると、本を7冊も読んでますね。まぁ、でもそのうち2冊はほとんど6月に読んでいたものだから、実質、5冊ぐらいかな。週に1冊のペースですね。寝る前の2時間ぐらいを読書に当てているのでそんなもんでしょう。結構読めたほうですね。ハズレも少なかったし。図書館のおかげで、今まで読んだことのなかった人の本まで読みましたしね。開拓できてよかったです。

免許もゴールドになったし、エキサイトの懸賞も当たったし、今月はかなりいい1ヶ月でした。
[PR]
by oones1 | 2004-07-31 17:50 | 普段の日記
公共性
1999年7月26日 産経新聞 戯論 玉木正之より

メディアがスポーツチームを持つことの反公共性。
イギリス政府はメディア王マードックによるサッカーチームの買収を認めなかった。

昔の記事の抜粋ですがこの玉木さんの記事を以前読んだとき、なるほどなと思ったものです。
小学生のころ僕は巨人ファンでしたが、あるプレーに対する判定をみてから、巨人ファンであることが恥ずかしくなり、アンチ巨人になりました。TVでその試合の解説が流されるたび、決定的なプレーだったにも関わらす放送されず変だなと子供心に思ったものです。

新聞やマスメディアが球団を持っていると、その球団に対して不利な放送をしなくなり、都合のいいことだけを放送するのは当たり前のことですよね。そのことがどれだけファンをしらけさせ、野球をつまらないものにしているのか、わかってるんでしょうかね?今回の合併問題などは、そのツケがたまったものだと思う。
[PR]
by oones1 | 2004-07-30 19:53 | 気になったニュース
塗仏の宴
塗仏の宴 宴の支度、宴の始末 京極夏彦 

京極夏彦は好きな作家の一人です。
とても分厚いので、最初はちょっと引いたけど読んでみるとよかったですね。今回も読み終わるまで2ヶ月もかかったんだけど、やっぱり長く楽しめるのがいいところですね。

十分楽しめた1冊でした。
[PR]
by oones1 | 2004-07-29 23:51 | 読んだよ!この本
感謝!エキサイト
エキサイト 夏のThank You キャンペーン 劇場鑑賞券 プレゼント
スパイダーマン2のチケットが当たりました。

こういうのは当たっ試しがなかったのでうれしいです。アリガトォー。
[PR]
by oones1 | 2004-07-28 23:56 | 普段の日記
てんてん
2004.7.27 ABCテレビ ニュース ゆう 世界の音楽王が認めたナニワの頭脳より
a0033962_1855311.jpg


ASKK(アスク)てんてん

面白いですね。点字を円盤にすることによって、指を置くだけで連続して文章を読むことが出来るようになるとは・・・。

ちょっとしたことで、とても便利になるんですね。
[PR]
by oones1 | 2004-07-27 18:58 | 気になったニュース
全滅作戦
ゴキブリの季節になりました。
そこで、ゴキブリ全滅作戦2004を決行することにしました。

作戦の内容は、バルサンを2回炊くという簡単なものです。
なぜ2回かというと、バルサンは成虫には効くが卵には効きません。1回目を炊いた後、ごきぶりの卵が孵化に1週間以上かかるので10日~2週間後にもう1度炊くのです。

昨日は2匹も出てきました。去年は見かけなかったのに・・・。おととしバルサンで全滅させたと思っていたが、どこかで生き延びていたようですね。

さすがゴキブリしつこいです・・・。
[PR]
by oones1 | 2004-07-26 16:07 | 普段の日記
神は沈黙せず
神は沈黙せず 山本弘

どこで紹介されていたのか忘れてしまったけど、なかなか面白かったです。

「神はなぜ何もしてくれないのか?」という事が話の中心になっています。ひどい事件を見たり聞いたりすると、誰でもそう思うじゃないでしょうかね。僕は何も信仰していませんが、母が信仰しているので、そう思ったことはありますね。まぁ、それが信仰のすべてじゃないでしょうが・・・。

久しぶりに読んで良かった1冊でした。
[PR]
by oones1 | 2004-07-25 17:48 | 読んだよ!この本
正確に間違う人、漠然と正しい人
正確に間違う人、漠然と正しい人 野口悠紀雄より

題名が気になったので読んでみました。
経済学者 ジョン・メイナード・ケインズの言葉のようです。

私は正確に誤るよりは漠然と正しくありたい。
I'd rather be vaguely right than preciesly wrong.

なんだか気になる言葉です・・・。

本自体はエッセイをまとめたものですね。
その中で「既得権益というものは一般に考えられているほど強固なものではない。社会が変わらないとすれば、それは人々の考え方が原因だ。」というところが心に残りました。社会って自分たちの心を反映しているものなんですね。つまりそれは自分たちの心がそう願えば変わることが出来るということかな?

年をとってから昔の方がよかったと思わないように、少しでもましな世の中になってほしいものです・・・。
[PR]
by oones1 | 2004-07-24 07:31 | 読んだよ!この本
「わからない」という方法
「わからない」という方法  橋本治

なんだか、よくわかったようなわからないような話でした。
どっちかというと、著者もあとがきで書いているとおり「わからない」といいながら、結局なんとかしてしまうという屈折した自慢話がほとんどのような・・・。

ただ「必要ないと思ったら、どんなもでも取り込まない」っていう所はその通りだなと思いました。
僕は「覚える」って「耕す」ことだと思っています。人によって「地面」がものすごく硬かったり、豆腐みたいに柔らかっかたりするけれど。

この「地面」をやわらかくする事が「必要だと体で感じること」だと思うのです。学校に行っているときは授業を聞いてもなかなか覚えることができなかったものが、仕事で必要となると一撃で覚えてしまう。必要だと思うことは吸収が早い。

これを考えれば高校を卒業してから、3、4年働いてから大学にいったほうがよく覚えることが出来ていいのかも知れませんね。
[PR]
by oones1 | 2004-07-23 05:51 | 読んだよ!この本
オー マイー ガー
「オー マイー ガー」 浅田次郎より

浅田次郎の本は結構好きですが、ただ、この本の内容は特にないな・・・という感じです。ただ著者の「ラスベガス 最高!」みたいな感じがよく伝わってきます。この本を読むとラスベガスに行きたいなと思うけど、カジノってどうなんでしょう?

基本的には僕も賭け事は好きです。ただ、それで儲けようとは思っていません。時間潰しにやるだけです。ただ同じ時間を潰すのなら、安くつくので本を読む事の方が多いです。

こんな僕でも友達に連れられてカジノに行ったことはあります。
モグリでやっているところでした。こういった非合法のカジノは大阪の難波のような大きな繁華街だけでなく姫路にもあるぐらいだから全国どこでもあるはずです。そういえば石原都知事もお台場にカジノを作ると言っていたけど、どうなんでしょう。

雇用や経済効果を狙っての事だと思いますが、闇にもぐった資金を日の当たる場所に吸い上げる効果もあるんでしょうね。雇用を考えるなら、沖縄みたいなリゾートに作るのがいいと思うけど、資金源を断つことも狙うなら、東京や大阪、名古屋などの大都市に作るべきなんでしょうね。

ただ僕としてはギャンブル依存症の人をみたくないので、あまり気軽に行ける大都市には作ってほしくはないですが・・・。
[PR]
by oones1 | 2004-07-22 05:06 | 読んだよ!この本

『気になったもの』を書いていく・・・つもりです。ハイ。
by oones1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
プロフィール
大阪府在住 ♂ 
町工場の鉄工所勤務

リンク・トラバ フリーです。適当にどうぞ。ただ明らかにスパムの場合は、削除します。

本記事で、Amazonにリンクを貼っているのはアフィリエイトではありません。あしからず。



ライフログ
最新のトラックバック
あなたもMixiがつくれ..
from 東京のFMラジオ あるディレ..
背中の筋肉の重要性
from ストレッチ・柔軟・筋トレでつ..
ショートカットキーを憶え..
from 無料データバンク
mixiコミュ紹介ブログ
from mixi(ミクシィ)コミュ紹..
『シャナラの剣』 テリー..
from 【徒然なるままに・・・】 b..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧