検索
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
はてブの情報量の多さ
毎日、 雑誌を一冊分ぐらい読んでるようなものだから、ブログを更新している暇がない・・・と思っていたけれど、ケータイから更新すればいいことに気づく。


モブログって便利だよな~。。
[PR]
# by oones1 | 2006-04-07 09:21 | 普段の日記
武庫川の堤防の桜
a0033962_838938.jpg

八分咲ぐらい?
[PR]
# by oones1 | 2006-04-07 08:38 | 普段の日記
ThunderbirdとGmail
しばらく前からGmailを使っている。

POP受信も出来るので、メールソフトにThunderbirdを使っているのだけれど、ここ2週間くらい調子が悪い。

受信は出来るんだけど、送信が出来ない。送信すると、パスワードを要求されるんだけれど、正しいパスワードを入れても入れてもサーバーに接続しない。

最初はGmailのほうのサーバーの調子が悪いのかと思っていたので、しばらくしたら直る と思ってほっておいた。だけど、いつまでたっても変わらない。

しょうがないので、試しにOutlookを使って送信してみると、これがうまくいく。

Thunderbirdに問題がある・・・のはわかったんだけれど、実際どこをどういじったらいいのかわからない。

で、いろいろ調べてみると、微妙に似ている情報が

POP受信がうまくいかないのですが? Gmail-Machines

(3)Thunderbird利用の場合に、パスワード変更後にPOPアクセスできない現象が多いようです。
この場合、以下の手順でThunderbirdに保存されている古いパスワードを消してみてください。


送信と受信の違いがあるにせよ、よく似ている。

この情報の通り、Thunderbirdに保存されている古いパスワードをけしてみると・・・




上手くいかない

何回やってみってもパスワードを要求するけれど、サーバーに接続しない。

しょうがないので、ThunderbirdからOutlookに乗り換えるか と諦めかけたいた。

でも、せっかくThunderbirdに慣れてきたにな、使えないとは残念・・・などと思いながら、何の根拠もなく送信のポートを、Outlookで使われているポートにし、送信してみた。

すると








やっぱり上手くいかない。
っていうか、パスワードすら要求されない。

で、またポートを既定値に戻して、もう一度送信してみたら、








送信できた。

なんだか知らないが、送信できるようなりましたよ。
あきらめきれず、てきとーに触っていただけなのに。

これってバグかなんかなんだろうね。
こんなことで直るなんて。

直ったのは、うれしいんだけれど、なんだか納得できないw

なんで、こんなことで直ったのか、不思議。

誰かわかる人いませんかね?
[PR]
# by oones1 | 2006-03-21 13:53 | 普段の日記
新聞のちらしがマグネット
この間、郵便ポストをのぞくと、地域の情報誌と請求書が入っていた。

いつものように、請求書をあけて、金額を確認。
情報誌のほうは、そのままゴミ箱に入れかけると、

ぽとっ と何かが落ちた。

ん? と思って拾い上げると、


マグネットのちらしでした。

それは、水道が詰まったときなどに呼ぶ会社の広告。

これ、賢いね。

以前の紙と違って、マグネットだから、ただ冷蔵庫に貼り付けておけばいい。
紙だと捨てられるけれど、マグネットにすることで広告効果倍増だ。

誰が考え付いたのか知らないけれど、頭がいいな~と思った出来事でした。
[PR]
# by oones1 | 2006-03-10 21:05 | 普段の日記
冬のゴキブリ
この間、料理を作りすぎた。
次の日にでも食べようと思ってラップをかけようとしたところ、普段使っていたものがきれていた。

そこで、予備のラップを出してきたのだが、この予備は以前勘違いして封を切っていたものだった。

ラップをかけようとしたけれど、どうも切れ目が見つからず、しょうがないので、ひっくり返してラップを入れ物からだすと・・・












ラップと一緒にゴキブリが!

この半年ぐらい全く触っていなかったため、どうもゴキブリに越冬用のキャンプ地にされてしまったらしい。

むむむ、これは、もしかして と思って他の封を切った箱をあけてみると、他にもゴキブリがいるのを発見。

計3匹もいました。

しかし冬のゴキブリは、ピクリとも動かないので、退治するのが楽でいい。
割り箸でつまんでビニールに入れてゴミ箱にポイですごく簡単。

これってもしかして、わざと置いておいておけば、簡単に退治できて、すごく便利なのではw

なるほど、ゴキブリってこうやって越冬してるんだな~ と思った出来事でした。
[PR]
# by oones1 | 2006-03-06 18:12 | 普段の日記
冬の猫
今の時期になると思い出すことがある。

それは、大学生だったころの話。

いつもは自転車で通っていたのだけれど、その日は、前日に雪が降って、膝ぐらいまで積もり、その時は長靴をはいて歩いていくことにした。

夕方授業が終わり、下宿まで歩いて帰ることにしたんだけれど、狭い道路なので、除雪も去れず、まだ雪が残っていって、車の轍の跡を踏むように下を向きながら歩いていた。

あと、もう100メートルほどで、下宿につくところで、突然、民家の塀の上のほうで、何か音が聞こえた。

うん?と思っていて振り返りかけると、左肩から背中にかけてのところに何かが、ぶつかってきた。

お!?、なんだ?
積もった雪でも落ちてきたか?それとも悪戯で雪玉でもぶつけれれたか?と周りを見ても何もない。

だが、背中のほうで何かが着ていたダウンジャケットにしがみついているような感触が・・・。
後ろを見ようにも背中は見えないし、手で触るにも勇気がいる。

そういえば、さっきの物音は、猫の鳴き声だったような・・・。

仮に猫かなんかだとして、この雪の中で振り落とすのもなんだかあれだし。

はて、どうしたものか?とちょっと思案。

そうか、下宿の玄関のところで確認すればいいんじゃないのと気づき、そのまま下宿まで歩くことにした。

一体こいつは、なんなんだ?
ほんとに猫か?
このくそ寒いのに、なんで外にいるんだ?
猫はコタツで丸くなるものだろ?
しかし、猫じゃなければないで、それはそれで不気味な・・・。

などと考えながら、ぼちぼち雪の轍を踏みながら歩いていくと、下宿の隣の家の門のところにさしかかったところで、突然背中が軽くなり、何かが飛び降りたのがわかった。

おっ!と思ってすぐに見てみると、






そこには、一匹の子供の真っ黒な猫が・・・。

普通の猫のように、いったん立ち止まってこちらを振り返ってから駆けるようにそのまま門の中に入ってゆきました。

たぶん雪で家に帰れない猫がたまたま通りがかかった人を足代わりしたんでしょう。

猫も困ると人の手を借りる・・・という本当になんだかありそうでなさそうな不思議な体験でした。
[PR]
# by oones1 | 2006-02-21 00:45 | 普段の日記
『前のページ』と『次のページ』
Bloglinesを使っていて気に入ったエキサイトのブログを読んでいて気づいたことが・・・。

それはエキサイトの「前のページ、次のページ」

記事の最後に、「前のページ、次のページ」というようにリンクがはってあるんあけれど、これが変。

今現在のエキサイトでは

前のページ = 日付が新しい
次のページ = 日付が古い

になっている。

普通は、『前』とついた方が古くて、『次』とついた方が新しいはず・・・。

ま、そんなたいした事じゃないんだけれどね。

なんだか気持ち悪かったもので、直しておいたほうがいいですよ、エキサイトの中の人。
[PR]
# by oones1 | 2006-02-15 21:56 | 普段の日記
世界を変えるお金の使い方
a0033962_2259763.jpg世界を変えるお金の使い方  山本良一








気になる本を見かけたら、あとで調べられるように本か著者の名前をメモに取るようにしている。

この本もどこでみかけたのか、よく覚えていないのだけれど、メモに書いてあったので、図書館で借りて読んでみました。

題名にすごく惹かれた。
メモを取ったのもたぶんそういう理由なんだろう。(自分のことなんだけれど思い出せない)

100円でポリオワクチン5人分を買えますよ、というような50の事例とその活動をしている団体が紹介されたおり、この本を読んで社会貢献のためのお金の使い方が少しでも増えてくれれば・・・というような内容でした。

自分も含めて人間ってそんなに賢いわけでもなくて、かなり欲望まみれなわけで、この欲望を抑えることは出来ない。

だからこそ、社会に役立つという方向に、欲望が向かうようにコントロールしてやることが、大事なんだなと思う。

この本で少しでもマシな世の中になればいいですね。
[PR]
# by oones1 | 2006-01-21 23:01 | 読んだよ!この本
職人学 職人力
a0033962_20574790.jpg職人学 小関智弘






a0033962_20582869.jpg職人力 小関智弘






いわずと知れた・・・のか、どうかはわかりませんが、製造業の人には、かなり有名な旋盤工で作家という変わった経歴の小関氏の本2冊です。

働きはじめたときに、古本屋で『粋な旋盤工』という本を見つけ、旋盤の本なんて見たことないなと興味がでて読んだのが、最初でした。

小関氏の本は、全部持っていたんだけれど、祖父さんが読みたいというので、みんなまとめて、あげてしまいました。

この人の本を読むのは久しぶりです。
成功している製造業の紹介や職人の意義、職人としての視点から見た現在の製造業の問題など、これからの日本の産業がどうすればいいのか・・・というような内容でした。

『人こそ産業の鍵』

当たり前のことなんだけれど、これがなかなか難しい。
昔なら作れば売れる時代、仕事もたくさんあり製造業に関わる人がたくさんいたので、すそ野がひろいため、競争がおこり自然に職人のレベルも高くなる。

でも、今は能率が上がり製造業についている人自体数が少なくなっているので、競争が少なく職人のレベルはどうしても下がりがち。

名工とよばれる職人と同じレベルになるためには、同じ環境で同じ能力でかつ同じ経験をする必要だ。

しかし、今さらそんなことは出来ない。

だから、これから職人を育てるためには、昔なら職人が自然に学んだことを、わざと失敗させるなど教え方自体を工夫し、系統立てて経験させ、きっちり体で覚えるようにする必要があるように思う。

日本は資源が少なく、生き残るためには製造業が肝。
その製造業の未来を考えるためにも、製造業に関わる人には、ぜひ読んでほしいと思う2冊でした。
[PR]
# by oones1 | 2006-01-15 21:07 | 読んだよ!この本
地政学 アメリカの世界戦略地図
a0033962_16147100.jpg地政学 アメリカの世界戦略地図 奥山真司






地政学を英国で学ぶ』というブログを、なにかの拍子に見かけて、「地政学って何?」という興味からブログを見ていました。

ブログを読んでみると、ときどき地政学の話がでてきて、地政学っておもしろいなと感じたのだけれど、いかんせん何の知識もないものだから、どうしてもわかりにくいところが・・・。

そんなわけで、もう少し地政学の流れがわかればいいなーと思い読んでみました。

今の日本では地政学ってほとんど目にしないため、その裾野を広げようという事で、初心者の人が理解できるように、ものすごくわかりやすく書かれた本でした。

地政学の歴史というか流れが、とてもわかりやすくて、おもしろかったです。

今まで、アメリカってなんであんなにおせっかいなんだろうっと不思議に思っていたけど、こういう原理で動いているからなんですね。

地政学の原理で動く相手をどうにかするには、やはり地政学の専門家が一番なわけで、これからの時代、必要とされるんでしょう。

日本ってこれからどうなるんだろうな~という思いに駆られる一冊でした。
[PR]
# by oones1 | 2006-01-11 18:48 | 読んだよ!この本

『気になったもの』を書いていく・・・つもりです。ハイ。
by oones1
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
プロフィール
大阪府在住 ♂ 
町工場の鉄工所勤務

リンク・トラバ フリーです。適当にどうぞ。ただ明らかにスパムの場合は、削除します。

本記事で、Amazonにリンクを貼っているのはアフィリエイトではありません。あしからず。



ライフログ
最新のトラックバック
あなたもMixiがつくれ..
from 東京のFMラジオ あるディレ..
背中の筋肉の重要性
from ストレッチ・柔軟・筋トレでつ..
ショートカットキーを憶え..
from 無料データバンク
mixiコミュ紹介ブログ
from mixi(ミクシィ)コミュ紹..
『シャナラの剣』 テリー..
from 【徒然なるままに・・・】 b..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧